| Top | News | About | Diary | Exhibition | Event | Iyashiba | Link | Contact | Access |



Img_00161a19007e1b3c9f91b447ad7daa9707368c83
ベラルーシの小さな村
本橋成一が撮った美しい風景と人々の営みは
スズキコージの手によって切り刻まれ
埋め尽くされた色彩が
目に見えない放射能汚染という
この村の人々を襲った悲しき現実を
鮮烈にあぶり出している


ときおりスクラップブックを開いて
大震災とゲンパツ事故のあと
切り抜いた新聞記事を読み返している

その中のひとつの記事

30年近く手間暇を惜しまず働き
美味しいキャベツを作り続けた農家の男性が
政府による「摂取制限」指示のあと
自らの命を絶った...

ゲンパツは一瞬にして大地を奪い
その大地に抱かれた尊い命まで奪ってしまった


一方が恩恵だけを受けて
もう一方が犠牲だけを押しつけられる
こんなことが許されるはずがない


この狭い日本に54基もあるゲンパツ
その全てをなくすことは
決して簡単なことではないけれど
進むべき道ははっきりしている

ゲンパツはもうイラナイ!