| Top | News | About | Diary | Exhibition | Event | Iyashiba | Link | Contact | Access |



Img_74723bb4b1a54548a221c1988337fdc0e4a93eff
静かにその空間に身を任せて
モノの声に耳をすます

房総の山奥にひっそりと建つ小さな美術館は
まさにそんな空間だった


as it is 


東京目白にある「古道具坂田」に初めて訪れたのは去年の秋
中国の火草の布を買った
その後、坂田和實さんの著書「ひとりよがりのものさし」を読んだ
以来ずっと行きたかったのがこの美術館



道具としての役割はとうに終えた
古びれたモノたちがとても美しく見えた

日常の中にある隠れた美しさ
それを引き出してくれる空間の大切さを
ここでは教えてくれる。。。



Img_a6afaf024176d23515936606c1590071eb57b1c1
9月の稲刈りから始まって
週末はずっとイベント続きで、都内各地を走り回る日々
ようやく一段落した今週はもう10月下旬
つくばにやって来てちょうど1年が過ぎた


新築で手に入れたマンションをあっさりと手放して
つくばの築20年の中古マンションに移り
自分は3年間働いた IKEA を辞めて、
地元の農場で働くことになり
丸の内勤務だった kaori は、ボディ & リフレクソロジーの仕事へ

こんな風に書くと
相当な物好きに見えるのかもしれない(笑)
当の本人たちは、感じたままに行動しただけで
いたって自然なのだけど


住まい、そして仕事
一見するとガラリと様変わりしたようでも
たまの休日にゆっくりと味わう自宅でのランチ
そんな時間を大切にしたいという
自分たちの生き方は変わらない。。。