| Top | News | About | Diary | Exhibition | Event | Iyashiba | Link | Contact | Access |



Img_83c3beda5e42d1358233e4779092a2f4ce66fd21
ここのところ、北欧スタイルを追い求めて
いろいろな本をめくったり、実際にインテリアショップを回ったりと
写真の整理はずっと手つかず(笑)

時間(とき)の経つのは早いもので
つくばに移り住んでもう4ヶ月
撮りためてきた写真をまとめることにした


去年の10月23日
9年近く住んだ海浜幕張での最後の朝からはじまり
はじめてつくば駅に降り立ったときの揚々とした気持ち
紅葉で染まった街路樹、想像以上に厳しかった寒い冬
そして、もうまもなく春へ・・・。

いろいろなことを思い返しながら、1枚1枚写真をめくっていく
こうして、丸3日かけて選んだ20枚あまりの写真を
小さな写真集『continue』 (Click!) にまとめた


ゆっくりではあるけれど、いよいよ目標に向かって歩み始めた今
その道しるべとして。。。



霞んだ空から差し込む穏やかな光
3月11日の午後2時過ぎ
IKEAの仲間と一緒に、梅の景勝地として知られる
水戸の偕楽園を散策していた

この後わずか1時間もしないうちに
あれほどの天災が来ようとは誰も想像すらしていなかったと思う

笠間方面に移動した皆を追いかけて、車で走りはじめてしばらくして
たまたま見かけた店に入ろうと車を降りたとき
ものすごい地鳴りとともに、やってきた激しい揺れ
全く身動きすらできずそこに立ち尽くしていた

ようやく揺れがおさまり、携帯電話で皆の無事を確認
急ぎつくばの自宅に向かう
途中、信号は消え、道路脇の塀の多くは倒れ
ラジオからは甚大な被害の状況が刻一刻と入ってくる
相当な被害を覚悟した自宅は
幸い家具の倒壊はなく、ガラス類の破損程度で済んだ



地震から今日で1週間
予断を許さない原発の状況、まだまだ続く余震
そして日増しに増えていく死者・行方不明者

いまだに孤立している被災者
真冬並みの寒さに震える避難者も数多いと聞く
何とか一刻も早く救援の手が差し伸べられて欲しい
そして、節電や募金など自分たちも今できることを懸命にやるしかない
被災地にかすかでも希望の光が届くことを願って。。。


Img_756a7dc437ad551b879c8dd03e6b922acf9432e6
Img_6222ce046305383799ab8fc753d4a35186eaa45e