| Top | News | About | Diary | Exhibition | Event | Iyashiba | Link | Contact | Access |



雨女を自称する彼女の言う通り昨日は1日雨降りだった
延々と続いた夏のあとの長雨
そんな季節にふさわしい再会かもしれない。。。


ファインダー越しに覗く表情には
相変わらずのあどけなさの中に、以前はなかった落ち着きが見える

4月に新社会人となって半年
学生のときと大きく変わった環境の中で
日々刻々といろんなことを感じ、体験しているのだろう


手作りのアルバムのお礼にと
1杯のビールをご馳走になった老舗のビアホール
ダンガリーシャツにカーディガンという装いでちょこんと座ったその姿は、
お世辞にもまだまだ似合っているとはいえない(笑)

でも、以前よりも幾分ゆっくりとした口調で語る Naomi と
20近くも年上の自分が、同じ目線で会話が成立していることに
ちょっと驚きを感じながらも嬉しかった
父親が初めて娘と晩酌を囲んだときの心境ってこういうものかな・・・と


厚い雲の間からかすかな日差し
この長雨が過ぎると、いよいよ本格的な秋が始まる
Img_7686eb9e2d08947085e4c56910df9559c9059edf
Img_fee361a65f2181bf0dfc85b1ca04d6d5c0c26d7a
Img_415f5ed35f9940547de12c5db5ac29cb50a222e2
Img_cda076e72558fadeb6b41bd4aa75b131cc7447ba
いよいよ引越しまで10日を切った
ギャラリースペースだった洋間も、
今はこんな風にすっかりパンダに占拠されてしまった!

先週またまた咽頭炎でダウンしてしまい
一気にスパートと思っていた3連休を棒に振ってしまったため
準備はかなり遅れ気味だが、最後にはちゃんと帳尻を合わせるのが
我が家の常道とも言えるので実はあまり心配していない(笑)


ともあれここ幕張での生活もあと10日あまり
歩き慣れた通勤路も、何度となく自転車で駆け抜けたあの海岸通りも
思い出に変わる日が近づいていると思うと、少し感傷的にもなるが
つくばで始まる新しい生活を思い浮かべると
自然と胸が高鳴る!


あれこれと考えてはみるものの
なかなか行動が伴わなかった我が家にとって、今度の引越しは
ようやく踏み出すことになる初めの一歩となる・・・。
Img_8baafd9477671ef8ca0fad6a0e21aefd6739d495
いよいよここ幕張での最後の週末
今日は午後から仕事なので、昨日の土曜日が休日としては最後となった

遅れ気味だった荷造りにほぼ終日費やすことになったが
昼時には一度手を休めて
最後の晩餐ならぬ最後の昼食(笑)をゆっくりと味わった。。。


HYGGE
(ヒュッゲ=デンマーク語で、何かお気に入りのものと過ごす心地よさ)
私と kaori が毎日の生活で一番大事にしていること


このライフスタイルはたとえ住まいが変わろうと
決して変わることはない

さすがに結婚して3度目の引越しだからだろうか?
ここ幕張に越してきたときのように、
バタバタすることは全くなく
荷造りは当日引越し業者が来る数時間前には、
余裕を持って終わってしまった(笑)

若いリーダーの指示のもと、手際良く荷物が運び出されると
そこはまるで、9年前初めてこのリビングにそーっと足を踏み入れたとき
目の前にあったのと同じがらんとした空間
天井の高さに胸躍るような気持ちだったことを今でも覚えている。。。

おもむろに気に入っているスツールを2脚並べる
カシャッ!カシャッ!・・・と
広い空間にシャッター音が響き渡る
まさに自分たちにふさわしいラストセレモニー(笑)

この何もないリビングに布団を広げ
9年前の初めての夜と同じように過ごす最後の夜

翌朝5時半に起きて、恒例だった早朝の散歩へ向かう
海岸通りに出ると、頬をなでる冷たい風
いつも風を感じたここ幕張での生活はこうして幕を閉じた。。。




スムーズな乗り継ぎで降り立ったつくば
秋晴れの空は高く晴れ渡り、揚々とした新生活が待っていることを予感させる

今度の新居となるマンションは
これまで住んでいたところより10年以上古い築21年
それ故、収納が押し入れだけと少ないからだろう
簡単だった荷造りとは比べ、
荷解きは何から何まで悪戦苦闘の連続・・・(苦笑)

しかし、部屋から部屋を何度となく歩き回り、
足が疲れきって棒になった頃
ようやくディテールが出来上がった寝室とキッチンは
これまでよりずっと使いやすく、何よりも居心地がいい!

そして、引越しから3日目
第一印象で即決した古いマンションは
まさに自分たちらしい住まいへと生まれ変わった!


直感が確信へと変わり、順調に始まった二人のつくばライフ
ゆっくりと動き出した時計の針
おぼろげだった未来の風景が、少しづつはっきりとしてきたようだ
カンバスに色を重ねていくように。。。



Img_dbd96574b19fdce2b468c68ae2463645d4363847
Img_a0bcb0127dd7c2b3b87f82f441c822fb3a42707c
Img_a5f68919bf477eb27940072a6cb22a85b320a246